ボルト破断対策

らせんねじを用いた応力解析

通常はらせんねじを用いた応力解析をするのではなく,ボルトの切欠係数βを用いて疲労強度を評価します。

下記手順にて,ボルト破断問題の解決に取り組みます。

現状の再現解析

①接触要素を用いたボルト締結部の解析

接触要素を用いたボルト締結部の解析接触要素を用いたボルト締結部の解析

②ボルトに発生する応力振幅の推定

③材料の疲労限度,ボルトの切欠係数βの調査(データベースあり)

ステンレス鋼の疲労強度

④ボルトに発生する応力振幅と材料強度との比較

対策立案

①ボルト呼び径,材質の変更,ボルト締結部の再設計

②締付けトルクの決定

③接触要素を用いたボルト締結部の解析

④ボルトに発生する応力振幅と材料強度との比較と設計マージンの提示

ステンレス鋼の疲労強度

参考文献

1) 日本溶接協会 原子力研究委員会,設計疲労線図の策定にかかわる調査(Phase Ⅱ),p22,(2017)